Applerider|仮面ライダーゴーストのネタバレ

鎧武外伝 仮面ライダーデューク/仮面ライダーナックルのあらすじが明らかに!

   

鎧武外伝第2弾のあらすじ

11月11日に発売開始となる鎧武外伝の第2弾となる仮面ライダーデューク/仮面ライダーナックルのあらすじが公開されましたのでご紹介します。

あらすじ

まずはこちらをご覧ください。

以下、文字におこします。

ユグドラシルメンバーの出会い、そしてゲネシスドライバー開発秘話が明らかに!

まずはデュークパートから。

凌馬は貴虎個人のためにドライバーの研究を続けていたが、人類を救う事を第一に考え生産数を上げるため性能よりもコストを優先しようとする貴虎に嫌気が差していた。
そんなある日、ユグドラシル内部で新種の錠前・ザクロロックシードを使った自爆テロが発生。耀子とシドが調査を開始する。すると、この事件の黒幕である 「黒の菩提樹」というカルト集団の存在が明らかになる。さらに、かつて凌馬の前任者としてユグドラシルの研究所の責任者を務めていた男・狗道供界が「黒の菩提樹」でザクロロックシードを利用し人々を洗脳していたことが発覚。しかし、納得できない凌馬。それもそのはず、供界は以前ユグドラシルの研究施設で起きた“ロックシード暴走事件”で亡くなっていたのだ。

仮面ライダーデュークとなる戦極凌馬のストーリーなのですが、出てきた情報は貴虎と狗道の絡みばかりですね。

DVDに付属されるレモンロックシードと戦極ドライバーを使ったデュークレモンアームズが登場しますので、いずれ凌馬対狗道となるのでしょうか。

それとも、本当の黒幕が凌馬だったりして…。

チームバロンの絆、そしてチーム結成秘話が明らかに!戒斗がいなくなり1年が経過、沢芽市は平穏な日々を取り戻していた。

続いてナックルパートです。

目標を失っていたザックはダンサーとしてどこまで出来るか挑戦したいと考え、「チームバロン」をペコに託しニューヨーク行きを決意する。しばらくし、てニューヨークにいるザックにペコの姉・アザミから「ペコが戻ってこない」と相談の電話を受ける。さらに城乃内からかつて「チームバロン」に所属し戒斗によって追放されたシュラがリーダーを務める「ネオ・バロン」というチンピラ集団の話を聞き、すぐに帰国を決意するザック。一人でシュラに立ち向かい消息を絶ったペコを救出しようとするザックだったが、戒斗と同じように強さを求めるシュラに共感したペコは自分の意志によって行動を共にしていたのだった。

こちらはデュークと異なり本編最終話後のストーリーです。

本編最終話では確かミッチが持っていた戦極ドライバーしか存在しないはずですが、仮面ライダー鎧武の世界では未だに戦極ドライバーが存在しているよですね。

凌馬なき今、どのような形で生産されているのかには興味がありますね。

ソース:Vシネマ『鎧武外伝』公式サイト

Sponsored Link

 - 仮面ライダー鎧武

  関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム投稿は表示されません。