Applerider|仮面ライダーゴーストのネタバレ

鎧武外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロンの詳細あらすじが明らかに!(ネタバレ)

      2015/06/06

鎧武外伝

4月22日に発売開始となるVシネマ「鎧武外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン」の詳細なあらすじが明らかになりましたのでご紹介します。

恐らく、先日実施された完成披露舞台挨拶の際の上映をご覧になった方の情報と思われます。

仮面ライダー斬月編

Sponsored Link

斬月・真のメロンエナジースカッシュとイドゥンのリンゴスカッシュが激突。

変身解除させられて倒れ込む藤果は斬月・真に向かい「私を生かせばまたあなたを狙います。」と言う。

迷った末に斬月・真はソニックアローを振り下ろす。

施設の階段を転がり落ちた藤果は、「本当に甘い人…。」と呟く。

リンゴロックシードの副作用で藤果の体が蝕まれていく。

そこに唐突に現れる戦極凌馬は「あーあ、やっぱりそうなっちゃう?」と。

楽にしてあげる、とデュークに変身しソニックアローでイドゥンを撃ち抜き殺害。

藤果の最期の言葉は「貴虎…。」

その後、呉島邸にて。
「身近な誰かが目の前に立ちはだかったとして、お前はその人を倒せるか。」と問う兄貴虎に対し、ミッチは「多分できる。そうしなきゃ大切なものは守れないから。」と答える。

この後、ミッチは偽斬月・真として暗躍しちゃうんですよね。。舞さんのために。

仮面ライダーバロン編

続いてバロン編。

シャプールは跡継ぎがいない父親に引き取られ、財団の後継者として育てられていた。

しかし、シャプールの父親は、自身に本当の息子が産まれたため、邪魔になったシャプールの殺害をアルフレッド(河相我聞)に依頼する。

なお、アルフレッドはシャプールもその父親をも殺し、自分が財団の後継者になろうと企む。

工場を多額の金で売り払われた戒斗の父親は、自分の失ったものに耐えられず、酒に溺れ、金も奪い取られ、母親と戒斗に暴力を振るうようになり、その後、自殺する。(父母とも)

それ以来、戒斗は自分の力以外何も信じられなくなった。

アルフレッドは、戦極凌馬から受け取ったロックシードでタイラントに変身し、ザックとペコを襲う。

タイラントはロックシードの暴走によりオーバーロードに。

戒斗は、湊燿子が持ってきたリンゴロックシードを使い、リンゴアームズとなりタイラントを撃破。

黄金の果実に近い力を持つリンゴロックシードに触れたことで、黄金の果実に対する欲求が更に強くなる戒斗。

変身解除後、リンゴロックシードは壊れる。

戦いの後、戒斗の元にシャプールから決意の手紙が届く。

「戒斗は誰も信じないって言っていたけど、戒斗には信じられる仲間やチームがいる。だから僕も味方してくれる人を探して信じてみる。お父様から逃げず戦うことを選ぶよ。」と。

同じく戒斗も駆紋家の墓の前で決意を口にする。「俺は力を手に入れる。世界を壊すために。」

そんな戒斗の後ろ姿を陰から眺めている湊耀子は「不器用な男…。」と囁く。

時系列的には、戦極凌馬が藤果にトドメを刺し、回収したリンゴロックシードが戒斗の元に来たって感じですかね。

個人的にはシャプール絡みの軽めの展開が嫌だったのですが、なんだかしっかりしたストーリーのようで安心しました。

これは楽しみですね!

Sponsored Link

 - 仮面ライダー鎧武

  関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム投稿は表示されません。