Applerider|仮面ライダーゴーストのネタバレ

鎧武第23話「いざ出陣!カチドキアームズ!」紘汰と戒斗、それぞれの戦い

   

仮面ライダー鎧武第23話「いざ出陣!カチドキアームズ!」が放送されました。

チーム鎧武のリーダーで、本来は仮面ライダー鎧武になるはずだった裕也。

その裕也がインベス化し、しかも自らの手で倒していたという事実を知った紘汰は愕然。

果てして、ここからどう立ち直り、そしてカチドキアームズにパワーアップするのか!

それでは行きましょう!

Sponsored Link


信じてはいけない人

貴虎から裕也の秘密を知らされた紘汰は、肩を落としたままユグドラシルを後にした。

その姿を見てたあと、少し話過ぎてしまったと戦極凌馬はミッチに詫びた。

いい薬になり、少しは物分りが良くなるのでは、と言うミッチ。

ミッチは、部外者である戒斗を利用し、作戦を進めている凌馬に対し、貴虎を裏切るのかと尋ねる。

貴虎は一番信用してはいけない人を信用する

ミッチ云く、貴虎はいつも一番信用してはいけない相手ばかり信じ込むのだとか。

一人は光実であり、もう一人は戦極凌馬ということか。

あの日の場所で

紘汰は、あの日裕也と待ち合わせの約束をした場所に一人立ち、裕也を思い涙していた。

そこに舞に現れた舞から「たまには顔を出してほしい」と言われるが、「俺には踊る資格はない」と言い切る。

紘汰は、裕也に起こった秘密、自分がしてしまったことを舞に告げようとするが、その瞬間ミッチがやってきて、紘汰と話があるといい、どこかに連れ出されてしまう。

秘密を強いるミッチ

舞に裕也の秘密を話しそうになった紘汰に対し、「舞さんの笑顔を守る」大事さを説くミッチ。

舞さんの笑顔だけは守りましょう

真実を隠す事を強要するミッチに何処か違和感を感じる紘汰だった。

オーバーロード

ヘルヘイムの森の至る所に国語辞典を置く戒斗。

戒斗は、戦極凌馬から託されたこの任務に意味があるのか疑問を持つ。

しかし、オーバーロードはまんまと国語辞典に引っかかり戒斗の前に姿を現した!

オーバーロード デェムシュ

オーバーロードは人語ではない言葉を話している。
何はともあれ目的の存在に出会った戒斗はすかさず変身する。

バロン変身

悩む紘汰

フルーツパーラーで引き続き悩み続ける。

ふと振り返ると、そこにはオルタナティブ舞の姿が。

オルタナティブ舞

オルタナティブ舞は、「運命に背を向ければ、いつまでも後悔する日々が続く。長い後悔の果てに自分を許すことが出来たら、安らぎを手に入れられる。逃げ出した先にも道はある。」と紘汰に告げる。

紘汰はこの時夢を見ていたように意識を取り戻す。

夢だったかと思った瞬間、背後の席にDJサガラが。

悩む紘汰にサガラは、「お前が憎んでいるのはヘルヘイムでもユグドラシルでもない。希望の対価に犠牲を要求するこの世界のルールそのものだ。そんなルールぶっ壊せ、ぶっ壊して世界を変えろ。」と言う。

さらに、「ユグドラシルがあんな真似をするのはやつらが弱いから。世界の残酷さに従い屈服するしかなかった。その点では戒斗の方が人としてまだ強い。弱さと折り合うつもりがなく、力を手に入れること以外の生き方を全て放棄している。ああいう愚かな男の末路は、無様にくたばるか、本当に危険な力を手に入れるかの2つに1つ。」と続ける。

戒斗の末路
無様にくたばるか
本当に危険な力を手に入れるか

さらに、サガラは「戒斗は世界を変える力に手を伸ばしている。サガラは戒斗がヘルヘイムの支配者を目指している。」と告げる。

DJサガラは紘汰にオーバーロードの事を説明する。

オーバーロードはあの森の植物を意のままに操ることが出来るが、オーバーロードは人類に興味がなく、ヘルヘイムが外の世界に侵略してもお構いなしなのだとか。

ユグドラシルで最初に気づいた人間がそれを秘密にしてしまい、ユグドラシルの唱える人類救済よりも、自分一人の野望を優先している奴がいることを紘汰に説明する。

紘汰は「戦極凌馬」と悟る。

サガラは、「凌馬より先にオーバーロードを探し出せば、侵略を食い止めることが出来るかもしれない。簡単に運ぶ話かどうかは紘汰と戒斗次第だ。」と告げた。

DJサガラの贈り物

「お前は一番手間のかかるやつだからなぁ」と、サガラは手に持っていたオレンジをカチドキロックシードに変え、紘汰に手渡した。

サガラが生み出したカチドキロックシード

カチドキロックシード

さらにダンデライナーも紘汰に託したのだった。

サガラがくれたダンデライナー

ふと気づくと、また夢から覚めたような感覚を覚える。
目の前にはサガラは居らず、営業中のフルーツパーラー。

紘汰は覚悟を決め、手にカチドキロックシードを持ち、走り出す。

ユグドラシル襲撃!

ユクドラシルタワーを前に、紘汰は変身し
ダンデライナーに乗り込む。

警報が鳴り響く。性懲りも無くまた挑んできた紘汰に貴虎は激昂する。

性懲りも無く

ユクドラシルタワーの防衛システムが作動し、鎧武とダンデライナーに襲いかかる。

ひたすら交わし続けるが、流石によけ切れず、被弾した鎧武は落下してしまう。

いざ出陣!カチドキアームズ

鎧武は落下しながらカチドキロックシードを装着し、アームズチェンジする。

カチドキアームズに変身

仮面ライダー鎧武カチドキアームズの登場である!

カチドキアームズ登場



いざ出陣、エイエイオー



DJスクラッチ!

ダンデライナーに乗った大量の黒影トルーパーに周囲を囲まれる鎧武。

一斉攻撃を受けるが、カチドキアームズはビクともしない。

520x600x278e11b7b1e292b59789755b

カチドキアームズの手には火縄大橙DJ銃が。
鎧武はDJの様に火縄大橙DJ銃をスクラッチし、周りの黒影を一気に撃ち落として行く!

火縄大橙DJ銃

これを見ていた戦極凌馬は、自分が知らないロックシードと強化フォームの存在に驚いた。


ミッチも言うことを聞かない紘汰におかんむりである。

始まりの女

遠くからこの戦いを眺めているDJサガラ。その背後にオルタナティブ舞が現れる。

DJサガラとオルタナティブ舞

「何故彼を戦いに駆り立てるの。」という問うオルタナティブ舞に、「お前がアイツを気にかけるからだよ、始まりの女」とサガラが返す。

サガラは、未来を見通すことは出来ないが、始まりの女の正体と、彼女に選ばれたことが何を意味するかについても知っているだという。


始まりの女は「選ぶのはあなたではない」と言うが、「俺はただ見届けるだけだ。禁断の果実を誰が掴むのかをな。」とサガラは投げ返した。

斬月・真登場

引き続き襲いかかる黒影に対し、鎧武は背中の旗を取り出し応戦する。

旗を使うカチドキアームズ

そこに突如、斬月・真が襲いかかる!

カチドキ対斬月・真

圧倒的な力を示す斬月・真はソニックアローから強力な一撃を繰り出す。

ソニックアロー

鎧武はこれをもろに浴び、ユクドラシルタワーから落下してしまう。

しかし、下にいたダンデライナーに拾われ、再び浮上してきたのだ!

鎧武は斬月・真を振り払うと、ユクドラシルタワーのスカラーシステムを破壊することに成功し、そのまま逃げ去ったのであった……。



凌馬と光実。新たな企み

戦極凌馬の知らないロックシードを誰が紘汰に与えたのか。

紘汰のバックに誰がいるのかを突き止める必要性を確認する戦極凌馬と光実であった。

怖い顔のミッチ

やっぱりミッチは怖い顔のままですねー。

Sponsored Link

 - 仮面ライダー鎧武

  関連記事


Comment

  1. より:

    禁断の果実って極ロックシードの事でしょうかね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム投稿は表示されません。