Applerider|仮面ライダーゴーストのネタバレ

鎧武第27話のオーバーロード語翻訳(デェムシュ・レデュエ・ロシュオのやりとり)

      2014/05/06

4月27日に放送された仮面ライダー鎧武第27話「真実を知る時」でも、オーバーロード語が登場しました。

今回も、『仮面ライダー鎧武』第27話のオーバーロード語翻訳|ヒーロークリエイター久保田英嗣のブログの記事を参考にさせていただきました。

いつもありがとうございます。

それでは行きましょう!

Sponsored Link


第27話「真実を知る時」のオーバーロード語

今回もシーンごとにご紹介したいと思います。

デェムシュがユグドラシルの調査班を襲うシーン

まずはこちら。

レデュエ「あーあ、手を出すなと。猿。」
デェムシュ「屈辱、堪えぬ。殺す!ふうん!」

レデュエ「ばれる。ロシュオ様?」
レデュエ「ふうん? これは・・・。」(←量産型ドライバーを手に持った所。)

レデュエが量産型の戦極ドライバーを手に取った描写が気になりました。間違いなく、今後への布石となりそうです。

デェムシュVS鎧武&斬月・真の戦闘シーン&ロシュオ

続いてこちら。ついに白いオーバーロード・ロシュオが登場です。

デェムシュ「おのろ、猿め!」
デェムシュ「とどめ!」

ロシュオ「止めぬか。デェムシュ。森を騒がす事。」

デェムシュ「な・・・。ロシュオ様? ですが・・・。」

ロシュオ「言い訳無用!戻れ!」

デェムシュ「ははっ・・。」

ロシュオは、レデュエと同様デェムシュを制御するシーンで登場しました。レデュエと異なるのは、別の場所から超音波的にデェムシュに意思を伝えた事。

来週以降ロシュオの登場シーンが増えそうです。

人間と猿

これまでのオーバーロード語翻訳で分かった事として、

オーバーロードたちは、

  • 自分たちを「人間」
  • 人間の事を「猿」

と表現します。
オーバーロードは人類が進化した姿と思われていますが、オーバーロード自身が、祖先は人間である事を忘れるくらい歳月が経っているのか。それとも、祖先は人間ではないのか。

この辺りも気になる所ですね。

参考:「オーバーロード語」の記事一覧

Sponsored Link

 - 仮面ライダー鎧武 , ,

  関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム投稿は表示されません。