Applerider|仮面ライダーゴーストのネタバレ

鎧武第34話「王の力と王妃復活」 ミサイルを消し去る王の力!

      2014/06/23

6月22日に放送された仮面ライダー鎧武第34話「王の力と王妃復活」の概要をお届けしたいと思います。

全米オープンゴルフの関係で前回の第34話から2週間振りの放送となりました。

レデュエとミッチの暴走を行方や如何に?

第34話「王の力と王妃復活」

前回の戦いで、斬月・真の正体が貴虎では無いことに気づいた凰蓮。(紘汰曰く「シャルモンのおっさん」)

では、一体誰が変身しているのか?と言う話をしている中、燿子が「もしかしたら呉島光実が……?」と言おうとしたその時、ミッチがガレージに入って来たのだ。

チーム鎧武の面々は、連絡がないから心配したぞ!とミッチを歓迎した。

しかし、湊燿子や戒斗、凰蓮や城乃内らがいることに気づく。

戒斗がミッチに近づき「居心地が悪そうじゃないか?」と嫌味を言う。

Sponsored Link

人類の文明

レデュエは、ユグドラシルタワーの地下で、PCを操作していた。

人類の工業技術や情報処理能力は、フェムシンムよりも遥かに進歩していることに驚き、楽しい道具作りに励んでいた。


燿子の挑発

ガレージの外で話し込む戒斗と燿子。
何故、光実の事を打ち明けないのか?と詰め寄る燿子に対し、戒斗は「奴は信用されすぎている。何を言っても奴の思うつぼだ」と冷静な判断を見せる。

戒斗が去った後、ミッチが現れる。

燿子は、何故呉島貴虎に成りすましているのか尋ねると、オーバーロードと協力関係にあり、知恵の実を奪い取るチャンスがあることを告げる。

しかし、燿子は、光実が紘汰を排除するのに自分を利用したいだけ、誰もが君の思惑通りに動くわけではない、と切り返す。

また、王になりたいのではなく、王をこの手で生み出し、王になろうとする人間をこの目で見届けたいと言うのだ。



「君には何の魅力も感じないって言ってんのよ。お坊ちゃん。君は王の器じゃない、腰ぎんちゃくが関の山ってところね。」

これにはミッチも怒りを見せ、「ここは僕の居場所なんだ。出て行け。」と怒鳴るが、耀子は「馬鹿ね。君の居場所なんて、とっくの昔になくなっているわ。人を騙し続けてきた君が、今更誰かと寄り添えるはずがないもの。」と正論を突きつけた。

レデュエのプレゼン

レデュエは、プロジェクターを使い、ロシュオに沢芽市の映像を見せていた。

何やら話をした後、ロシュオはグリンシャと言う白い牛のオーバーロードをレデュエに与えた。

レデュエはグリンシャと共に沢芽市に向かった。

その場にいた貴虎が何事かとロシュオに尋ねると、レデュエが人類の技術を使い、后を蘇らせるつもりなのだと語る。

ロシュオの目的はあくまでも后の復活であり、そうなれば知恵の実が不要になることこそが、レデュエの目的であることを既にロシュオは感づいているのであった。

ミッチの苛立ち

ユグドラシルタワーの地下に戻ったレデュエとグリンシャ。

その場にいたミッチは、レデュエが支配者になったら、人類の管理を任せる約束を守ってくれるのかを問う。

私は、新しい玩具で遊びたいだけであり、後は邪魔者を排除するなり、愛する者を救うなり、好きにすればいいとレデュエは言う。

ミッチは、ロシュオはなぜ知恵の実を使わないのか問うと、死んだ后に、知恵の実をどうやって食べさせたら良いのか分からないからだと答える。

知恵の実以外に方法があれば、知恵の実にはこだわらない。ロシュオは枯れており、王妃以外に興味はないとレデュエは答える。

オーバーロードの宣戦布告

紘汰と戒斗がフルーツパーラーにいると、突如テレビにレデュエが映る。

レデュエは、全世界に向けて語り始めた。

自分たちにはヘルヘイムの植物を自在に操る力があり、世界中のクラックを活性化させ、1年以内に地球全域をヘルヘイムに変える。

降伏すれば人類の未来を保証する、と。

これを見ていた紘汰は憤り、苛立っていた。

そこに突如姉の晶が駆けつけた。逃げ遅れた人たちがいることを告げに来たのだ。

一方、同じ放送を見ていたザックらも居ても立ってもいられず、ユグドラシルタワーに向かうが、途中、インベスが人々をさらっているのに気づく。↓

ライオンインベスにタワーブリッジを決められる一般女性。

辺りを見回すと、大量のインベスがこの周辺にいる事に気づく。

変身し、戦い始めるが埒が明かないザックは、戒斗から預かっているというスイカロックシードを(何故か)城乃内に渡す。(↓親指でロックシードをつまんでいると信じてます。)

城乃内は調子に乗りスイカロックシードを使ってアームズチェンジするが、上手く制御できない。



しかし、凰蓮の助けも得て、なんとかインベスを殲滅することに成功する。

グリドンの素体もお目見え。

大事な挨拶

レデュエのテレビ中継を見たミッチは、ユグドラシルタワーの地下のレデュエに詰め寄る。

あれではまるで宣戦布告ではないか、世界を敵に回すのかと。

レデュエは、挨拶は大事だろ?と取り合わない。

レデュエは、謎の機械に近づいた。

これには大量の燃料が必要だが沢芽市にはうじゃうじゃいるから、こと欠かないのだという。

(王妃復活装置であり、燃料は沢芽市民と思われる。)

駆けつける晶と紘汰

晶が助けを求めていた避難場所に駆けつける晶、紘汰、戒斗。

しかし、そこでもインベスによる人さらいが始まっていた。

紘汰と戒斗は変身して応戦するが、量が多く、また、新たなオーバーロード・グリンシャが手強く、押し込まれる紘汰。

インベスが、少年を連れ去ろうとした時、晶がかばうように攫われてしまう。

助けようとする紘汰に、晶は少年を守るよう伝え、そのまま攫われて行った。


怒った紘汰は、極アームズに変身。

戒斗の助けも得ながら、グリンシャを追い込んで行く。

トドメは、火縄大橙DJ銃の大剣モード。

タイミング良く、戒斗がソニックアローにバナナロックシードを装填し、グリンシャの動きを止める。

狙いを定める極アームズは、トドメの一撃をグリンシャに喰らわせる!

しかし、レデュエが直前にグリンシャを守り、ダメージは最小限にとどまってしまった。

王の力

「困るんだよね。生贄集めの邪魔をしないでくれよ。」と言うレデュエ。


反論する紘汰だが、「どうせ60億人も消すつもりだったんだし。」とレデュエが返す。

レデュエは、自分に構っていている場合か?と言い、世界中に宣戦布告をした後に人類が取る手段は何かを連想させた。


貴虎と共にユグドラシルタワーの地下にいたロシュオは、その場にいながら四方の海からのミサイルの接近を察知していた。


レデュエやロシュオの言う通り、ミサイルが日本の沢芽市に向けて複数発射されていた。


ラジオでこの事を聞いたミッチも慌てふためき、辺りを双眼鏡で覗き込んだ。


ミサイルは、紘汰や戒斗の眼前まで到達している。
爆発するのももう間も無く。

と、思いきや、ユグドラシルタワーの屋上に辿り着いたロシュオは、大剣を振り回し、特殊な力でロケットの動きを止めたのだ。


そしてそのロケットを、消して見せたのだ!


ミッチは思わす倒れこみ、オーバーロードには敵わないことを痛感する。

そして、改めてレデュエと手を組んでいる事を自画自賛するかのように笑うのであった。

Sponsored Link

 - 仮面ライダー鎧武

  関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム投稿は表示されません。