Applerider|仮面ライダーゴーストのネタバレ

鎧武第40話「オーバーロードへの目覚め」 俺は後悔なんてしない。

      2014/08/12

8月10日に放送された仮面ライダー鎧武第40話「オーバーロードへの目覚め」の放送内容をご紹介します。

第40話「オーバーロードへの目覚め」

第39話で、凌馬と手を組みユグドラシルタワーに突入した絋汰。絋汰と凌馬は、いよいよレデュエのもとに辿り着きます!

Sponsored Link

ユグドラシルタワーの地下へ

階段を駆け下りる絋汰と凌馬だが、見慣れないエレベーターに気づく凌馬。

すかさず乗り込むと、そこにはベッドに縛り付けられた沢芽市民が。つながれた装置を外すことが出来ず、絋汰は凌馬に助けを求めるが、諦めムード。

ちょうど現れたレデュエに尋ねるよう促す凌馬。

絋汰は怒りの中、極アームズに変身し、レデュエに襲いかかる。凌馬も変身し、これに応戦する。

レデュエの催眠術

鎧武とデュークを迎え撃つレデュエは、急激に回転を始め、ドリルのように上昇し、屋根を突き破ると、2階上の地上部分に降り立った。

ブドウ龍砲などで攻撃を仕掛ける鎧武に対し、「おかしいと思わないのか。強すぎる自分自身のことを。」と問いかける。

さらに、「お前はもはやこの世界の住人ではない。むしろ我々の仲間だよ。」と続けるレデュエ。

「すでに人間の食べ物がのどを通らなくなっているはずだ。禁断の果実の禁断たるゆえんだ。それが何を意味するか、今から見せてやろう。」と、鎧武に催眠術を掛ける。


これを見ていたデュークは、透明になり姿を消し、室内に入っていく。

凌馬の目的

凌馬は目的の部屋に戻ると、マスターインテリジェントシステムを再起動した。

モニターに映るこれまでの各人の行動を録画した映像を確認した。

ロシュオの禁断の果実

ロシュオは舞に、禁断の果実を見せていた。

「これは創造と破壊の力。もし救済を望なら、果たして救われるのは王か世界か・・・。この果実は、お前たちの世界が森に沈んだのち、新たなる世界を治めるためのもの。しかし、果実の力で森の侵略を止めたなら、新たなる王はどうなる。」とロシュオ。

「そりゃあ、行き場をなくすわな。」と突然サガラが現れて続ける。「新たな世界の創造主は、即ち古い世界にとっての破壊神だ。忌み嫌われるのは当然だろう。あいつはも、力の片鱗を手に入れている。」と。

舞は「紘汰を・・、騙してたのね。」と言うが、サガラは望むものを与え、覚悟するよう忠告してきた。絋汰がどちらの道を選ぶのかが面白いところだと返した。

裕也と紘汰

気がつくと絋汰はのどかな広場に立っていた。しかし周りの人々は絋汰を見て逃げ惑う。さらに突然現れた裕也は、絋汰を見て「化け物め。」と言う。

絋汰はとっさに手を出そうとするが、右手がインベス化している。しかも目が赤く光るのだ。


そんな絋汰を見て、裕也は仮面ライダー鎧武に変身し、絋汰に襲いかかる。

絋汰はかろうじて裕也を振り切り、フルーツパーラーに逃げ込む。

絋汰は怪物に姿を変え、あのときの初瀬ちゃん同様、ラットの背中を切りつけてしまう。

逃げ惑う絋汰は、初瀬ちゃんが死んだあの場所で再び裕也に襲われる。


そこで、「そうか、俺はたまたまベルトを手に入れただけで、もしかしたら、こんな未来があったとしてもおかしくなかったんだ。」ということに気づく。

そこに、「苦しんでいるな。だがこれは ただの悪夢ではない。いずれお前の身に降りかかる現実だ。」とレデュエの声が。

「俺は・・・、みんなを救う力が欲しくて。だからオーバーロードになるしかないって。」と返す絋汰だが、「それが便利な道具だとでも思っていたのか?お前は世界の運命を覆すものとして世界の外側に立つしかなくなる。お前はもう人間ではないのだ。」ととことん追い詰めるレデュエであった。

戒斗とミッチ

タワーの防御装置であるスイカアームズ等を撃破した戒斗一行は、装置がある部屋に辿り着く。装置が外れないことを確認した戒斗は、蹴りでこの装置を破壊し、耀子やザックに救出を託す。

一人絋汰を追う戒斗に声を掛けるミッチ。

お互い走りながら変身し、戦いを始める。

これでも弱者か?と尋ねるミッチに対し、強い弱い乃問題ではない、忠のバカだ!と答える戒斗。

ミッチのゲネシスドライバーめがけて攻撃を繰り出す戒斗であった。

我が友よ

逃げる絋汰に、マリカとナックルが襲いかかる。そんな絋汰を助けたのは、デュデュオンシュ等オーバーロード。

「大丈夫かね、我が友よ。さぁ、行きたまえ。みんなが待っている。」と絋汰を先に行かせるデュデュオンシュ。

「みんなっていったい誰なんだよ?」と呟く絋汰の前に、「勿論私たちのことだ。」とレデュエやシンムグルンがおり、絶句する絋汰であった。

王を知る凌馬

過去の映像を見ている凌馬は、ロシュオの存在を知る。また、知恵の実を手にしたオーバーロードであることも確認した。

信じた希望

レデュエに連れられた絋汰。レデュエは、「禁断の果実の祝福を受けたお前がいれば百人力だ。」と絋汰に告げ、インベスが市民が襲う状況を見せつける。

絋汰はインベス化し、裕也が変身する鎧武と戦い、変身を解除させる。

「やれるもんならやってみろ。俺たち人間は 決して貴様らには屈しない。俺が死んでも・・・、俺の仲間が 必ずおまえたちを倒す。」という裕也に対し、「すまん 裕也。誰が仲間か、誰のための世界か、そんなことはどうでもいい。」とレデュエ等に襲いかかる絋汰。

「人間は必ずお前を拒む。そんな人間のために 犠牲になる気か。」と問いかけるレデュエに対し、「犠牲なんかじゃない。俺は 俺のために戦う。俺が信じた希望のために。俺が望んだ結末のために。」と言い返す。

気づくと、絋汰は意識を取り戻し、元の場所に。

「そうだ。俺は、後悔なんてしない。」という絋汰から植物が広がっていくのであった・・・。

Sponsored Link

 - 仮面ライダー鎧武

  関連記事


Comment

  1. ハンドルネームセダオセダ より:

    バロンがキック一発でレデュエの装置を破戒したのは
    何かの伏線であるという気がしてならないのは
    私だけだろうか

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム投稿は表示されません。