Applerider|仮面ライダーゴーストのネタバレ

ドライブ第10話「ベルトの過去になにがあったのか」 どちらの心が強いか

      2014/12/16

ドライブ第10話「ベルトの過去になにがあったのか」

12月14日に放送された仮面ライダードライブ第10話「ベルトの過去になにがあったのか」の放送内容をお届けします。

クリスマスイブと停電

進ノ介の誕生日がクリスマスイブということが明らかになり盛り上がる特状課は突如停電。

Sponsored Link




予備電源まで影響を受けていることから、何者かが電気を吸ってしまったのではないかと疑問を抱く。



ボルトの人間態である美波の目撃者が複数出ているのとから、捜索することに。

暗黒の聖夜

図書館で美波の作品を読む進ノ介と霧子。

「暗黒の聖夜」という小説は、クリスマスイブに大規模な都市停電を起こそうとする人間の話だということを知る。

しかし、あるのは上巻のみで下巻を書く前に美波は死んでしまったのだ。

そこに、「本を静かに読むのが人間のルールではないのか」と言いながらチェイスが現れる。





邪魔になる人間がいない場所に進ノ介らを連れて行き、決闘を申し出た。

「仮面ライダーと戦うことでしか本当の自分を見つけられない」

そう考えながら戦う魔進チェイサーに対し、進ノ介もこれを迎え撃つ。

途中、タイプテクニックに変身したドライブは、ドア銃で魔進チェイサーを追い込む。

チェイサーは、「強くなったな、出会ったときよりも。」と言い、進ノ介も「おかげさまでね。」と応える。










戦いの最中、ハートが割り込んでくると途端に動揺するベルトさん。



焦ってトライドロンを呼び、進ノ介共々乗り込むよう進言し、逃走する。




ハートは「おかげでデッドゾーンを越えずに済んだ。」と言い、チェイスに「約束は覚えてるよな?もしもの時は頼んだぞ、チェイス。」と確認する。

チェイスも頷き、これに応える。

次ページに続く。

ページ: 1 2

Sponsored Link

 - 仮面ライダードライブ

  関連記事


Comment

  1. 太郎 より:

    読み応えのあるまとめですねえ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム投稿は表示されません。