Applerider|仮面ライダーゴーストのネタバレ

ドライブ第13話「私の弟にはなぜブレーキがないのか」 俺は超短期決戦タイプ

      2015/01/15

第13話「私の弟にはなぜブレーキがないのか」

1月11日に放送された仮面ライダードライブ第13話「私の弟にはなぜブレーキがないのか」の放送内容をご紹介します。

ハーレー・ヘンドリクソン博士

ベルトさんは自身の機能を使いアメリカにいる恩師ハーレー・ヘンドリクソン博士と会話し、剛が訓練の途中で帰国していたことを知る。

霧子は、知らない間に弟が仮面ライダーになっていたことに憤る。


Sponsored Link

そんな霧子をなだめる進ノ介を前に、「良い相手が出来たみたいで安心した。」と進ノ介のことを進兄さんと呼び出す。

2人は「そういう仲じゃないから。」と否定する。

詩島家墓参り

霧子と剛は墓参りに来ていた。


剛は姉に「自分のやり方で戦うことを信じてほしい。」と伝える。

その時、進ノ介から事件発生の連絡を受ける。

どんより強盗団

バンド(どんより発生装置)を付けたどんより強盗団が、犯行声明。


逮捕した戸田川と同じバンドをつけていた。

栄光のナンバー

ガンマン・ロイミュードとナンバー018(お金ちょうだい)は、闇の世界に生きる兄弟をコピー。018が商売を行い、ガンマンが彼を守っている。

ハートはそんな018を進化させるため、死神に護衛を託す。

グローバルフリーズ以前の記憶がないチェイスは自身のナンバー000について尋ねるが、「偉大な戦士」、「0は栄光のナンバー」とハート。

そんなハートの言葉を信じチェイスは行動を開始する。

重加速を発生させたのは

追田らが警備を固める中、剛はマッハの姿であっさりと強盗団を追い詰める。


マッハは自身の重加速発生装置を起動させ、動けなくなった強盗団のバンドを破壊。

どんよりの発生により駆けつけたドライブは、「悪を倒すためとはいえ、人間に重加速をかけたらロイミュードと同じ。」と、マッハに飛びかかる。




変身を解除した剛は、「俺たち2人とも敵の力を使って悪を滅ぼす、怪物同士じゃないか。だから、少々落ちてもいいんじゃない?それでやつらを止められるなら。」と悪びれない。





《続く》

ページ: 1 2

Sponsored Link

 - 仮面ライダードライブ

  関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム投稿は表示されません。