Applerider|仮面ライダーゴーストのネタバレ

ドライブ第15話「その想いが届くのはいつか」 迷いなき死神チェイス

      2015/01/27

第15話「その想いが届くのはいつか」

1月25日に放送された仮面ライダードライブ第15話「その想いが届くのはいつか」の放送内容です。

ドライブシステムとネクストシステム

ライドチェイサーはドライブシステムとネクストシステムをつなぐシステム。

チェイスがプロとドライブであることは明らかであった。

自身の出自を知ったチェイスは悶え苦しみ、プロトゼロの姿になる。



すべてのロイミュードを倒すというマッハはプロトゼロに襲いかかるが、チェイスは姿を魔進チェイサーに変え、ライドチェイサーに乗り逃げてしまう。


ブレンも一時退散する。

剛は「ロイミュードは人間の敵。それは絶対に変わらない。」と霧子に伝えるが、まだ希望はあるという霧子に「分からず屋!」と走り去ってしまう。

Sponsored Link

もしかして…あなたなの

「もう守ってもらわなくて大丈夫」というリラは、ナンバー096に見覚えがあるようだ。

部屋に戻るなり彼の写真を抱き寄せる。

その頃、坂木(ナンバー069のコピー元)も096の被害にあい、真っ青にされていた。

ナンバー096vsマッハ

霧子はロイミュードと心を通じ合わせようとしているリラに自分を重ねていた。

部屋にいないリラを探す事務所社長は、リラを見つけると無理やり連れて行こうとする。

その時どんよりが発生。

事務所社長はナンバー096に切りつけられ真っ青にされてしまう。

そこに現れた剛は、マッハに変身。


フルスロットルでマガールを駆使し、096にトドメを刺そうとする。

「逃げて!弘樹!」

どんよりが解けたリラが096をかばうすきに逃げられてしまうのだった。

メディックのリセット

不安定な魔進チェイサーはブレンによる制裁を受けていた。


ハートによる制止で制裁を止めたブレンは、チェイサーの処分を提案するが、メディックによる「危険な方法によるリセット」の案がハートに採用された。




リラの未来のために

二階堂弘樹(リラの彼)は仕事にかまけるリラの前から姿を消した・・・、リラはそう認識していたが、進ノ介の捜査により異なる事実が明らかになった。

リラの未来のために、と事務所の社長が二階堂に別れるよう伝えたことを受け、二階堂はリラを別れることを告げる。その際、リラは混乱し、そのもつれから二階堂を崖下に突き落としてしまったのだ。





その時の黒い記憶を嗅ぎつけたナンバー096がリラをコピーするとともに、リラを記憶を改変していたのだった。




<<次ページに続く>>

ページ: 1 2

Sponsored Link

 - 仮面ライダードライブ

  関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム投稿は表示されません。