Applerider|仮面ライダーゴーストのネタバレ

仮面ライダーゴーストの登場人物の詳細が明らかに!

   

仮面ライダーゴーストの登場人物

本日8月18日に正式に制作発表記者会見が開催された仮面ライダーゴーストですが、公式サイトにて登場人物の詳細内容が明らかになりましたのでご紹介します。

天空寺タケル/仮面ライダーゴースト(西銘駿)

まずは主人公から。

Sponsored Link

仮面ライダーゴーストに変身する本作の主人公。
10年前にゴーストハンターだった父·龍を亡くした大天空寺の跡取り。
明るく呑気で無鉄砲だが自分が信じたことは曲げない気持ちが真っ直ぐな青年。
突如現れた眼魔(怪人)からアカリと御成を守るために眼魔に立ち向かい命を落としてしまうが、仙人の不思議な力により仮面ライダーになる力を授けられゴーストとして生き返った。
しかし、この世にとどまれるのは99日。本当に生き返るためには99日以内に15個の眼魂(アイコン)を集めなければならない。命を軽く扱われることに対しては、心の底から怒り絶対に許さない。決め台詞は「命燃やすぜ」
自らの運命と立ち向かうために父・龍と同じゴーストハンターの道を選ぶ。

決め台詞が明らかになりましたね。

「命燃やすぜ」すでに死んでますけどね。

月村アカリ(大沢ひかる)

続いてヒロインです。

本作のヒロイン。
タケルとは幼馴染でタケルを弟のように面倒をみている。
大学で物理学を専攻し不思議な現象にも必ず科学的な説明ができると信じている、いわゆる“リケジョ”。タケルのために信念を曲げてゴーストハンターの仕事を手伝うようになる。

リケジョがゴーストハントのお手伝いとは。。

深海マコト/仮面ライダースペクター(山本涼介)

2号ライダーの登場です。

ゴーストドライバーで変身するもう一人の仮面ライダー。
タケル同様に眼魂(アイコン)を集めているが、その目的は不明。
タケルとは正反対のクールな性格で合理的な考え方の持ち主。戦闘のエキスパートで戦いでもタケルの一枚上手をいく最強のライバル。

スペクターも亡霊なり幽霊といった意味がありますので、タケルと同様死者なのかも知れませんね。

御成(おなり)(柳 ​​喬之)

お坊さんの人です。

天空寺の住職代理。タケルの亡き父・天空寺龍を尊敬しており、タケルがゴーストハンターとして成長することを見守っている。
精神論者で修行第一主義。リケジョのアカリとは馬が合わず何かと対立する。
本人はいたって真面目だが、天然でボケ担当のムードメーカー的な存在。

毎回恒例ボケ担当とのこと。

謎の男 (森下能幸)

ここから敵サイドです。

眼魔(がんま)を呼び出し事件の背後で糸を引いている謎の男。眼魂(アイコン)を集めているがその目的は不明。眼魂(アイコン)の秘密を知る数少ない人物の一人。

敵キャラの名が伏せられてますね。

あえて隠すということは、タケルの関係者でしょうか。

アラン(磯村勇斗)

敵2人目。

眼魔(がんま)を呼び出し眼魂(アイコン)を狙う謎の男と行動を共にする青年。
謎の男の部下ではなく対等の関係のようだが彼の出自や目的は謎に包まれている。

こちらは名が明かされてますね。

仙人(竹中直人)

そして、超大物です。

タケルを生き返らせた謎の“おっちゃん”。タケルが眼魂(アイコン)を持っていることを知り、タケルが“戦う運命”であることを教え、仮面ライダーゴーストとして戦う力を授ける。全てを知っているようだが、都合が悪くなると、とぼけて消えてしまう不思議な人物。

ベルトさんばりに、知っているのに教えてくれなさそうです。

Sponsored Link

 - 仮面ライダーゴースト

  関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム投稿は表示されません。