Applerider|仮面ライダーゴーストのネタバレ

ゴースト第9話(12/6)・10話(12/13)のあらすじが明らかに(ネタバレ)

   

仮面ライダーゴースト第9話10話あらすじ

12月6日・13日に放送予定の仮面ライダーゴースト第9話・10話のあらすじが明らかになりましたので、ご紹介します。

第9話「堂堂!忠義の男!」(12月6日放送)

久々に仙人が戻り、タケルはマコトや父、そして10年前のことを尋ねる。しかし、仙人は真面目に取り合わない。そんな中、謎の手紙がきっかけで、天空寺龍(タケルの父)の知り合いで、10年前に失踪した物理学の権威、五十嵐博士のことを思い出したタケル。龍と西園寺、五十嵐が知り合いであったと判明し、タケルは五十嵐を捜し出し、10年前に何が起きたかを尋ねるが、そこに眼魔が現れて五十嵐は負傷。さらに、スペクターまでも乱入してきて…。

Sponsored Link

タケルの中で、父と西園寺と五十嵐が繋がり、物語が大きく動き出しそうな展開ですね。

それにしてもスペクターの乱入率が高すぎますね。。

第10話「集結!15の眼魂!」(12月13日放送)

西園寺の放った眼魔に妹を人質に捕われ、眼魂を奪われたマコト。一方、タケルも西園寺に操られたシブヤに眼魂を盗まれてしまう。シブヤを追い、眼魂を取り戻すタケルだが、そこへマコトとジャベルが現れる。

この回で、15の眼魂が揃います。とはいえ、タケルの手に15個が集まるわけではない気がしますが。

果たしてどんな展開になるのでしょうか。さすがに手帳通りにはいかないですよね。

Sponsored Link

 - 仮面ライダーゴースト

  関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※スパム投稿は表示されません。